Samon Bldg.3F, 2-21-7 Higashiazabu
Minato-ku, Tokyo 106-0044
TEL 03-6426-5699   pasesa@pasesa.jp

パナマ財団

パテント、銀行口座やその他の資産を保管するため、またプライバシーの保護のためにオフショア財団の設立をお考えなら、パナマの私益財団設立をお勧めします。

パナマ公益財団は創設者の申告によって設立され、一般的に活動目的として創設者や受益者の資産保護があげられます。

 

パナマ財団設立の主な目的

 

パナマの私益財団法(1995年6月12日交付第25条)によると、公益団体は利益を得ることを重視すべきでないとされていますが、同時に習慣的でない場合、あるいは財団の資産を構成する会社の代表の権利を行使し、財団の目的に則した商業活動を行うことには関与して良いことになっています。

  • 株や資金、パテント、トレードマークを所有するため。あるいはロイヤリティを徴収するため。
  • 債権者や過度な課税、自国(パナマ外部)の政治不安からの資産保護。
  • 財政機関に投資するため。 (投資信託など)

 

パナマ財団の主たる利点

  • 非課税
  • 承認済み資本金の支払い義務無し
  • プライバシー保護
  • 為替管理無し
  • 管理面のフレキシブルさ
  • 定款の各自・海外での保管可能
  • オフショア・ファウンデーションをパナマに移動することが可能
  • 資産保護 (設立費・年間維持費が低コスト)
  • スピーディに設立可能
  • 設立のために当事者ご本人がパナマへ出向く必要無し

 

私たちパセサインクはパナマに登記済みオフィスや代理人を持ち、お客様のプライバシーを保護しながらパナマ財団の設立及び管理を代行させていただきます。 詳細やご質問に関しては、弊社までお気軽にお問合せ下さい。

日本語はもちろん、英語、スペイン語でのご対応も可能です。

 

PASESA INC./パセサインク

E-MAIL: pasesa@pasesa.jp

TEL: 03-6426-5699